JONIO BLOG

ABOUT DAILY WEAR

【3万円以上】お洒落だと思う大人メンズの「白スニーカー」をブランド別に集めてみました【随時更新】

f:id:iamjonio:20170916160647p:plain

こんにちは、ジョニオです!

個人的にお洒落だと思う3万円以上の「白スニーカー」をブランド別に集めてみましたので、よければ参考にしてください。ちなみに「3万円未満」のスニーカーは「こちら」にて紹介しているので、よければそちらもどうぞ。

【おしゃれアイテム】記事一覧・更新情報

更新日:2017年3月16日

  • 価格に関しましては、画像出典元のサイト様にて確認した金額です。
  • 時期によって価格が変動する場合がございます。
  • 最新よりも前のシーズンのアイテムも含まれているので、あらかじめご了承ください。

 

1. GERMAN TRAINER

GERMAN TRAINER(ジャーマン トレーナー)

1970年代〜1994年にかけてドイツ軍でトレーニングシューズとして支給されていましたジャーマントレーナー/GERMAN TRAINER。1994年に廃番となり使われていなかったオリジナルの木型、ソール、マテリアルを用い、当時の靴作りに使用していた機械を使用し伝統的な製法を引き継いだ仕様となっております。

GERMAN TRAINER|doo-bop

f:id:iamjonio:20170114115120j:plain

GERMAN TRAINER|doo-bop

「GERMAN TRAINER」の定番の「1183」というモデルのオールホワイトのタイプです。アッパーにはしなやかできめの細かいベビーカーフスエードが使われています。またライニングに配されたピッグレザーは、通気性が良く、柔らかで馴染みの良い履き心地をご堪能いただけるそうです。オールホワイトは新鮮で、シャープなシルエットも格好良いです。

価格は「¥31,104(税込)」です。

 

2. Pantofola d'Oro

Pantofola d'Oro(パントフォラ・ドーロ)

1886年イタリア中部のアスコリにて127年という長いPantofola d'Oro(パントフォラ・ドーロ)の歴史がスタート。 サッカーチームにスパイクを供給し、その実戦の場で培われたスパイク作りの技術とクオリティーの高さが評判となる。

2003年以降、本格的なスパイク製造で培ったそのノウハウを生かし、古き良き時代のサッカーシューズを彷彿とさせる、大人のためのラグジュアリーシューズブランドとしてリスタートを切りました。熟練された職人によるハンドメイドの確かなシューズ作り、選び抜かれた素材、洗練されたデザインの中に光る独特なアイデンティティーは秀逸で、シューズ作りの本場、イタリアでも屈指のブランドとしてファッショニスタから注目が集まっている。

Pantofola d'Oro PG71|Amazon

f:id:iamjonio:20170316162120j:plain

Pantofola d'Oro PG71|Amazon

テニスシューズをモチーフにしているそうで、アッパーにはウォッシュ加工を施したキャンバス地とレザーが採用されています。無造作にスポンジを出したシュータンが特徴的です。日本向けモデルには土踏まずから踵にかけて特別に衝撃吸収材を入れているそうです。きれいなシルエットで、程よいヴィンテージ加工も魅力的。

価格は「¥32,400(税込)」です。

 

3. SPALWART

SPALWART(スパルウォート)

1950年代頃、スロバキアには多くの軍用トレーニングシューズを生産する工場がありました。今ではほとんどの工場が閉鎖してしまいましたが、SPALWART(スパルウォート)はそんなスロバキアにある閉鎖した工場を再稼働させ、当時の製造機械を使い、当時と同じ製造工程でシューズを作るブランドです。

SPALWART|ARKnets

f:id:iamjonio:20160828174517j:plain

MARATHON MESH ホワイト|ARKnets

アッパーにはメッシュとスエードが使われていて、インソールとインヒールにはレザーが採用されています。機能性が高いのとシンプルな配色が魅力的。「NEW BALANCE」が好きな方にもはまりそうな一足です。

価格は「¥38,880(税込)」です。

  

4. Acne

Acne Studios(アクネ ステュディオズ)

1996年、スウェーデンにてアクネの事業がスタート。98年、ジョニー・ヨハンソンがアクネジーンズをスタート。ラグジュアリーな雰囲気も持ちつつ、主張しすぎないデザインは、ミニマルで実用性も兼ね備え、ワードローブに加えなければならないような感覚を持たせる。メンズ・ウィメンズともにウェアからシューズ、アクセサリーまでトータルで展開。

Acne Studios|FASHION PRESS

f:id:iamjonio:20170214184357j:plain

Adrian ホワイト|Acne Studios

「アクネ」の定番の「Adrian」というモデルのスニーカーです。アッパーにはカーフレザーが使用されていて、ラバーソールを採用しています。テニスシューズのようなクラシカルなデザインで、シンプルでミニマルなデザインが特徴的で惹かれます。

価格は「¥45,360(税込)」です。

 

5. COMMON PROJECTS

COMMON PROJECTS(コモン プロジェクツ)

2004年にニューヨークでスタートしたシューズブランド。無駄のないシンプル・ミニマルなデザインが特徴。『ハイクオリティなマテリアルをハイクオリティなファクトリーで』というテーマのもと、全てイタリアで生産されています。

COMMON PROJECTS Achilles Low|トゥモローランド 公式通販

f:id:iamjonio:20170114123447j:plain

COMMON PROJECTS Achilles Low|TOMORROWLAND|MAGASEEK

「Achilles Low」という定番で人気のモデルで、アッパーには上質なレザーが使われていて、生産は全てイタリアで行われています。無駄を省いたデザインと洗練された雰囲気が格好良く、きれいに大事に履いていきたいと思わされるスニーカーです。

「トゥモローランド」さんでの販売価格は「¥49,680(税込)」です。

 

6. Maison Margiela

Maison Margiela(メゾン マルジェラ)

1988年、パリにて「メゾン マルタン マルジェラ」設立。2015年1月、メゾン マルジェラに改名。メゾン マルジェラ(Maison Margiela)は、フランスを拠点とするファッションブランド・メゾン。

ウィメンズ・メンズウェア、アクセサリー、シューズ、フレグランスなど幅広く展開。衣服の再構築・再定義、ショーのスタイルなどコンセプチュアルな手法は、多くの人々に影響を与えたマルタン・マルジェラ(Martin Margiela)、またそのメゾンは、ファッションの歴史に最も大きな影響を与えたメゾン(デザイナー)の1つと言われる。

Maison Margiela|FASHION PRESS

f:id:iamjonio:20170114133948j:plain

Maison Margiela REPLICA SNEAKER|ARKnets|Amazon
Maison Margiela REPLICA SNEAKER|ARKnets 

「マルジェラ」の定番の「レプリカ スニーカー」です。1970年代のオーストリアン スポーツシューズから着想を得たシリーズだそうです。アッパーには良質なレザーとスエードが使われ、ソールにはゴムソールが採用されています。

価格は「¥51,840(税込)」です。

 

7. Saint Laurent

Saint Laurent(サン ローラン)

1961年、ピエール・ベルジェ、アメリカの実業家マック・ロビンソンとムッシュ イヴ・サンローランがオートクチュールのメゾン「イヴ・サンローラン」を設立。

2012年、エディ・スリマンがイヴ・サンローランのクリエイティブ・ディレクターに就任。ファッション部門のブランド名を「サンローラン」に改名。2016年、エディ・スリマンがクリエイティブ&イメージディレクターを退任。ヴェルサス ヴェルサーチで活躍していたアンソニーヴァカレロ(Anthony Vaccarello)がクリエイティブ・ディレクターに就任。

Yves Saint Laurent|FASHION PRESS

f:id:iamjonio:20170218014950j:plain

Saint Laurent SL/06 コート クラシック|SSENSE

定番的に展開されている「サンローラン」のクラシックなテニスシューズ風なスニーカーです。「SL/06」というタイプ名です。アッパーはレザーが使われていて、ラバーソールが採用されています。ヒールタブのレッドカラーが良いアクセントになっています。

「SSENSE」さんでの販売価格は「¥52,000(税込)」です。

 

8. PHILIPPE MODEL

PHILIPPE MODEL(フィリップ モデル)

フィリップ モデル(Philippe Model)は、イタリアのスニーカーブランド。海外のセレブリティをはじめ、日本でも上質を知りつくした本物志向の消費者から支持を得ている大人のためのハイエンドでラグジュアリーなスニーカーを提供する。

熟練の職人がハンドメイドで仕上げる高いクオリティーと、その極上の履き心地、そして他では見られない配色のテクニックや素材使いで、高い評価を得ている。

PHILIPPE MODEL|FASHION PRESS

 f:id:iamjonio:20170316181908j:plain

Philippe Model CLASSIC|Amazon

「フィリップ モデル」の最も定番的なオールホワイトのモデルです。アッパーにはレザーが使われていて、程良いユーズド加工が施されています。シルエットはシュッとしていてスマートで、ミニマルなデザインが魅力です。

価格は「¥52,920(税込)」です。

 

9. Golden Goose Deluxe Brand 

Golden Goose Deluxe Brand(ゴールデン グース デラックス ブランド)

2000年にスタートした、イタリア・ヴェネチアのファッションブランドです。すべての工程をヴェネチアで行っています。現代的で洗練されていて、どこかアメリカンテイストを感じさせるデザインを、伝統的なイタリア仕立てでアイテムを展開しています。

GOLDEN GOOSE DELUXE BRAND|FASHION PRESS

f:id:iamjonio:20170316180741j:plain

GOLDEN GOOSE DELUXE BRAND SUPERSTAR|mirabella homme
GOLDEN GOOSE SNEAKERS SUPERSTAR WHITE SKATE|ARKnets|Amazon

「GOLDEN GOOSE」を代表する「SUPERSTAR」(スーパースター)というモデルです。アッパーの素材は「レザー」で、足の甲が接する部分(タン)や、かかとの上部は「スエード」が使われています。またスニーカーの側面のスターのマークは、パンチング(細かい穴をあける処理)によって表現されています。

好き嫌いは分かれると思いますが、強めのユーズド加工が施されているのが特徴です。使用している内に付着する多少の汚れは気にならないですし、逆に味が出てくるのが魅力だと思います。

価格は「¥52,920(税込)」です。

 

f:id:iamjonio:20170316175747j:plain

GOLDEN GOOSE DELUXE BRAND FRANCY|mirabella homme
GOLDEN GOOSE FRANCY WHITE SILVER LEATHER|ARKnets|Amazon

「GOLDEN GOOSE」の「FRANCY」(フランシー)というハイカットタイプの人気モデルです。アッパーの素材が「レザー」で、足の甲が隣接する部分(タン)や、側面のアイコンのスターに「スエード」が使われています。

背部にある円形の「FRANCY」のロゴマークが特徴です。サイドジップが付いているので、着脱がしやすいのが嬉しいです。シャープなシルエットで、洗練された雰囲気が魅力だと感じます。

価格は「¥59,400(税込)」です。

 

10. SOLOVIERE

SOLOVIERE(ソロヴィエール)

クリスチャン・ルブタン、ピエール・アルディなどのトップブランドで10年以上に渡りキャリアを積み、成功を収めたデザイナーAlexia Aubertが2014年にスタートしたパリのブランド。

伝統的なメンズシューズの様式と新しいクラシックを融合した、エフォートレスでシックなデザインが魅力。また、イタリア最高峰のワークショップや工場で生産されておりクオリティの高い商品を生み出しています。

SOLOVIERE HERVE EN VILLE WHITE CALF| VELISTA online shop

f:id:iamjonio:20170218025914j:plain

SOLOVIERE HERVE EN VILLE WHITE CALF| VELISTA online shop

一枚革で成型されたアッパーに、レースで絞ることで程よいドレープが特徴的なデザインのスニーカーです。シボ感のあるレザーは、程よく厚みがありながらも柔らかで、足馴染みの良い最高級と呼ばれる「カーフ」の革を使用しているそうです。シンプルながらも、独特で美しいデザインに惹かれます。

価格は「¥47,520(税込)」です。

 

最後に

以上個人的に大人メンズの方におすすめしたい、3万円以上のシンプルな「白スニーカー」をブランド別に紹介させて頂きました。他にも良いと思う物があれば随時更新する予定です。

それでは今回はこれで失礼します。グッバイ!