JONIO BLOG

ABOUT DAILY WEAR

【随時更新】お洒落だと思う大人メンズの「クルーネックニット」を集めてみました【ブランド別】

f:id:iamjonio:20170913165036p:plain

こんにちは、ジョニオです!

個人的にお洒落だと思う、大人メンズの「クルーネックニット」をブランド別に集めてみましたので、よければ参考にしてください。 ちなみ「タートルネックニット」は「こちら」の記事で紹介しているので、よければそちらもご覧ください。

f:id:iamjonio:20170913165226p:plain

【おしゃれアイテム】記事一覧・更新情報

更新日:2017年10月15日

  • 価格に関しましては、画像出典元のサイト様にて確認した金額です。
  • 時期によって価格が変動することがございます。
  • 最新よりも前のシーズンのアイテムも含まれているので、あらかじめご了承ください。

 

1. VINCENT ET MIREILLE 

VINCENT ET MIREILLE(ヴァンソン エ ミレイユ)

仏ブルゴーニュ地方発の老舗ワークウェアブランド。自社工場で生産される、高品質なユニフォームから、カジュアルウェアまで幅広いアイテムを生産。 エスプリを感じる上品なデザインが魅力です。 

Vincent it Mireille|URBAN RESEARCH|MAGASEEK

f:id:iamjonio:20171014150003j:plain

Vincent et Mireille|URBAN RESEARCH|ZOZOTOWN
Vincent it Mireille|URBAN RESEARCH|MAGASEEK

シンプルなミドルゲージのクルーネックニット。度詰めして、しっかりとした一枚に仕上がっているそうです。国内製造のウールセーターとしては、非常にコストパフォーマンスが高いそう。確かにこの安さは惹かれる。

価格は「¥13,500(税込)」です。

 

2. BATONER

BATONER(バトナー)

日本のニットウエアブランド。2013年春夏から展開をスタート。1951年創設のメゾンブランド等を手掛けていたファクトリーから発信される。古き良き伝統的なニットを新しい解釈で展開し、受け継がれていくモノを追求している。

BATONER AZE CREW|UNITED ARROWS|ZOZOTOWN

f:id:iamjonio:20171014133703j:plain

BATONER|STUDIOS SELECT|ZOZOTOWN
BATONER 片畦(検索)|楽天市場

「バトナー」定番の畦編みのクルーネックニット。見た感じ、割とリラックス感のあるシルエット。高品質のメリノウールを使っているため、肌触りも良いとのこと。「奥山メリヤス」という老舗のニットメーカーが母体なので、安心感があります。程よい脱力感が自分的には好き。

価格は「¥21,600(税込)」です。

 

3. Anderson & Co 

Anderson & Co(アンダーソン アンド コー)

500年以上も昔からスコットランド北部のシェットランド島で作られるニットウエア。中でもアンダーソン&コー【Anderson&Co】のエヴェレスト・セーターは、1953年、登山家 エドモンド・ヒラリーが、エヴェレスト初登頂の際に特別注文したものと同じ品質のセーターです。その軽くて強い優れた機能性は、島の純粋種シェットランドシープの極く少量のファイングレードウールだけを使用し、ハンドフレームで1枚1枚丹念に編み上げたものです。

Anderson & Co|FARME

f:id:iamjonio:20171015113014j:plain

E1 EVEREST CREW|FRAME

「EVEREST」の「E1」というタイプのクルーネックニット。元々エベレストを登頂するために作られたとのことで、「強く・軽く・暖かい」のが特徴とのこと。「RESOLUTE」デザイナーの「林」さんが着用されているのが気になって。自分も試してみたいなと思いました。

価格は「¥28,080(税込)」です。

 

4. S.N.S. HERNING

S.N.S. HERNING(エスエヌエス ハ―ニング)

1931年に創業したデンマークのニットブランドです。創業時から変わらぬ製法で作り続けるフィッシャーマンセーターならではの、高品質と機能美を備えたハイクオリティな仕上がりが特徴です。

S.N.S. HERNING|TOMORROWLAND|MAGASEEK

f:id:iamjonio:20171014143548j:plain

S.N.S. HERNING|TOMORROWLAND|MAGASEEK

ミドルゲージのシンプルなクルーネックニット。保温性・着心地に優れているとか。見た感じシルエットがスッキリしていて、着丈も短めなので、細身のパンツと良く合いそうです。

価格は「¥30,240(税込)」です。

 

5. SLOANE

SLOANE(スローン)

自分たちが着ていて、心地良い物を作りたいという気持ちから始まりました。細かいニュアンスを、作り手に直接伝えられるだけで完成度が違うと考えて、スローンは日本で生産されています。ユニセックスで着用することができ、普段使いのコーディネートに重宝するよう、ベーシックなものをメインに構成しています。

CONCEPT|SLOANE

f:id:iamjonio:20171013115005j:plain

5G クルーネックニット|SLOANE
sloane 5G クルーネック(検索)|Amazon
sloane 5G クルーネック(検索)|楽天市場

畦編みの5ゲージのクルーネックニット。ユニセックスでの着用を意識したサイズバランスに仕上がっているとのこと。太すぎず、細すぎずという印象。肌触りが良くて、着心地の良い素材感。程よいリラックス感が魅力っす。

価格は「¥31,320(税込)」です。

 

6. ZANONE

ZANONE(ザノーネ)

テクノロジーと伝統を大事にし、一時のトレンドに流されること無く、新しいプロダクトを生み出すのがZANONE(ザノーネ)です。ZANONE(ザノーネ)は、フレックスウール、アイスコットン、カシミアシェードなど、永年の蓄積から生まれた独自の糸をもち、その糸と手間をかけた生産工程ににより、高い品質のニットを作っています。世界のニットブランド、と言えばZANONE(ザノーネ)の名前が出ないことはもはやありません。

ZANONE 5Gクルーネックニット|TOKYOlife

f:id:iamjonio:20171013141512j:plain

ZANONE 5Gクルーネックニット|TOKYOlife
ZANONE GIRO IF(検索)|Amazon
ZANONE GIRO IF(検索)|楽天市場

「ザノーネ」のシンプルなミドルゲージニット。おそらく「GIRO IF」というモデル名かと思われます。素材感は上品な雰囲気。ソフトな肌触りなので、Tシャツの上からでも全然OK。それでいて細身できれいなシルエット。最高じゃないっすか。

価格は「¥35,640(税込)」です。

 

7. Drumohr

Drumohr(ドルモア)

「世界最古のニットブランド」としても有名な、 スコットランド生まれの老舗"Drumohr【ドルモア】"。 今では生産拠点をイタリアへ移し、長い伝統に裏打ちされたクオリティとトレンドを盛り込んだシルエット&デザインを持つ製品を生み出しています。

Drumohr|Amazon

f:id:iamjonio:20161217231010j:plain

Drumohr クルーネックセーター|Amazon

老舗ニットブランドによるクルーネックニット。ストーンウォッシュが施されていて、デザインはシンプル。素材感も上質な感じがするし、使い勝手が良さそう。個人的に気になる一着。

価格は「¥35,640(税込)」です。

  

8. ANDERSEN-ANDERSEN

ANDERSEN-ANDERSEN(アンデルセン アンデルセン)

アンデルセン アンデルセン(ANDERSEN-ANDERSEN)はデンマークのニットブランド。2009年にピーター ケアー アンデルセン(Peter Kjaer-Andersen)とキャサリン ラングレン アンデルセン(Cathrine Lundgren-Andersen)の夫妻がブランドをスタートする。アンデルセン アンデルセンはデンマークの伝統的なスタイルを継承したニットが特徴。伝統的な編み方で高品質なニットを展開する。

ANDERSEN-ANDERSEN|FASIHON PRESS

f:id:iamjonio:20171013152553j:plain

ANDERSEN ANDERSEN SAILOR CREW NECK|Amazon
ANDERSEN ANDERSEN crew neck(検索)|Amazon
ANDERSEN ANDERSEN crew neck(検索)|楽天市場

「アンデルセン アンデルセン」を象徴するクルーネックニット。前後対照的なデザインが特徴。長めの袖で、フィンガーホールに指を通しての着用が可能。

5ゲージと7ゲージのタイプがあり、5ゲージは割とごつめ、7ゲージはインナーにも使いやすい印象(上の写真は7ゲージ)。頑丈ですし、暖かいですし、シルエットが良いですし、チクチク感をあまり感じないですし、まあ要するに最強ということです。

価格は「¥45,360(税込)」です。 

 

9. Editions M.R

Editions M.R(エディションズ エムアール)

フランス・パリのファッションブランドです。2016年秋冬シーズンより、名前を「MERINDA  GLOSS(メリンダ グロス)」から「Editions M.R」に変更しています。スタイリッシュでありながらも、気取り過ぎず気楽に着ることができるスタイルを提案しています。

Éditions M.R|FASHION PRESS

f:id:iamjonio:20161008141054j:plain

Navy fancy stitch crewneck|Éditions MR

シンプルで上質な雰囲気のプルオーバーニット。「Editions M.R」のアイテムを見ていると、フレンチカジュアルのスタイリング欲が高まります。

価格は「¥48,600(税込)」です。

 

10. LAD BY DEMYLEE 

LAD BY DEMYLEE(ラッド バイ デミリー)

ニューヨーク発のニットウェアブランドです。2013年秋冬シーズンからメンズラインがスタートしています。「自分のクローゼットの中にあるお気に入りの物、毎日着用できる物」をコンセプトに、上質なニットウェアを展開しています。

NY発のカシミアニットブランド「デミリー」本格上陸|FASHOIN PRESS

f:id:iamjonio:20161030114856j:plain

LAD BY DEMYLEE Lawrence|ARKnets|Amazon
LAD BY DEMYLEE Lawrence|ARKnets|楽天市場

「LAWRENCE」というモデル。上質で柔らかなウール100%で、非常に柔らかい着心地だそう。また袖が長めに作られているのが特徴とのこと。シンプルで上質な雰囲気が良い感じ。

価格は「¥52,920(税込)」です。

 

最後に

以上個人的にお洒落だと思う、シンプルな「クルーネックニット」をブランド別に紹介させて頂きました。他にも良いと思える物があれば、随時更新していく予定です。

それでは今回はこれで失礼します。サヨナラ!