JONIO BLOG

ABOUT DAILY WEAR

これは良書!継続することは決して難しくない!『まんがで身に付く 続ける技術』【書評】

f:id:iamjonio:20170716163611p:plain

こんにちは、ジョニオです!

先日ふと古本屋に立ち寄ったらこの書籍があり、ついつい買ってしまいました。あまり漫画は買わないのですが、『GRIT』という本を読んだ後で「やり抜く力」の重要性を認識していたので、その衝動に襲われたといいますか。それで読んでみたら「結構役に立つやん!」と感じたので、今回紹介させて頂きます。

更新日:2017年5月22日

 

1. 『続ける技術』とは?

元々2006年に出版されてベストセラーになった『「続ける」技術』を漫画化したのが、私が読んだ書籍です。漫画形式なので読みやすいですし、エッセンスとなる部分は、活字のみで短くまとめられているので、とても分かりやすかったです。

内容はタイトル通り「続けるための技術」が記してあります。「やる気」や「意思の強さ」が無くても、この技術を使えば継続することが可能とのこと。「意思が弱い」私としては、それはそれはとてもありがたい内容。アメリカで生まれた「行動分析学」という学問がベースになっていて、基本的には誰にでも活用できるそうです。

他の自己啓発書によくあるような、属人的な独自のノウハウではなく、膨大な実験と調査の積み重ねから導き出された、「いつ」「だれが」「どこで」やっても、同等の結果が得られる科学的なノウハウです。

『まんがで身に付く 続ける技術』 pp.5 

 

2. どうすれば「続けること」ができるのか? 

1. 「行動」について

「続ける技術」を紹介する前に、続けたい対象である「行動」について少し説明します。「行動分析学」において行動には必ず「理由」があるとし、すべての行動は以下の3つの要素から成り立っているとのこと。

A:先行条件 B:行動 C:結果条件

簡単に説明すると A「~だから」→ B「~する」→ C「その結果、~になる」ということです。具体的には A「寒く感じるから」→ B「セーターを着る」→ C「その結果、体が温まる」といった感じだと説明されています。つまり「行動」する前には必ず「先行条件」となるものがある訳です。

 

2. 「続ける方法」について

ここで本題に入ります。「行動」を起こすにはどうすれば良いのか?

以上のことを踏まえれば、答えはシンプルです。「先行条件を整えること」。すると行動は自然に生まれます。そして続けて行動を起こしたい場合は「先行条件を整え続ける」と良いと考えられます。

つまり行動は、「A先行条件」があって発生するということ。反対にいえば、ある行動が発生しやすい先行条件を整えれば、行動をコントロールできるということです。

『まんがで身に付く 続ける技術』pp.52

例えば「英語を勉強する」という行動を取りたい場合、まずは「どういう時にその行動をとりがちなのか」を分析します(分析の方法は本書にて)。そして分析によって傾向が分かれば、後はその条件を整えれば、自然と行動ができるとうことです。

正直この考え方は面白いなと思いました。いつもはただ「行動」することのみにフォーカスしていましたが、「先行条件を整えること」にも意識を向けると、より簡単に継続して行動できるなと感じました。

ちなみにこの「先行条件を整える」法則を使えば、どうしてもやめたい「悪い習慣」を断ち切ることも可能です。やめたいと思う「行動」にも理由となる「先行条件」があり、その条件を避けることで、行動を起こらないようにできるからです。詳しくは本書にて述べてあるので、読んで頂ければと思います。

 

3. 最後に

本書を読んで「行動の3つの要素」を学べたのは、本当に良かったなと感じました。続けることはもちろん、反省のツールとして使え、生産性アップにも繋がるからです。

「努力を続けたい・悪い習慣をやめたい・生産性を高めたい」という方には、十分役に立つ内容だと思うので、興味があればぜひ読んでみてください。

それでは今回はこれで失礼します。サヨナラ!

まんがで身につく 続ける技術|Amazon