読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JONIO BLOG

MAINLY ABOUT FASHION

夢を実現するには本田圭祐さんが説く「夢への3カ条」が役に立つと思います

f:id:iamjonio:20160509134332j:plain

 出典:トヨタ オーリス スペシャルサイト|トヨタ自動車

日本サッカー界の中心的選手である本田圭祐さん。その本田さんが2015年12月25日、千葉県・幕張の「ゾゾパーク ホンダ フットボール エリア」で開催されたイベントに参加しました。

その中で子どもたちに対して、夢を達成するためのアドバイスされていて、それが大人である私たちにも役に立つと思ったので、今回はその内容と個人的な感想について紹介させて頂きます。

 

夢を達成するための3カ条

出典:Football Channel.TV|YouTube

こちらの動画にて、実際にアドバイスされている様子をご覧頂けます。

また以下にポイントとなる部分を活字化して、それに対する個人的な考えも述べているので、よければ参考にしてください。

第1条 大きな夢を持とう

1つ目。大きな夢を持ってください。何でもいいです。サッカー選手になりたい。どこかの会社の社長になりたい。学校の先生になりたい。料理を作る先生になりたい。なんでもいいです。ただできるだけ大きな夢を持ってください。これが1つ目。

大きな夢を設定する上で大切だと思うことは、まずはその夢が達成したいと思えるような目標であるということです。

「~したい」「~なりたい」と思えるような目標でなければ、何の為に苦労して努力するのか分からなくなり、長続きしないと考えられます。

また夢を設定する際、実現の可能性はあまり考えずに決めると良いと思われます。

例えば本田圭祐さんは子どもの頃に、将来セリエA(イタリアのサッカー1部リーグ)でエースナンバーである10番を背負ってプレーすることを目標に掲げています。

当時の感覚からすれば、セリエAでプレーされている日本人は指で数えるほどしかおらず、かつほとんどの方が活躍できなかったことから、その目標を実現するのは相当に困難であるという考え方が一般的だったのではないでしょうか。

しかし本田さんはそんな難題も見事に達成しています。そのため設定する夢は、自分がやりたいことであれば、一般的に難しいと思えるような目標でも良いと考えられます。

第2条 夢を毎日意識して考えて生活をしよう

2つ目。その夢を毎日意識して考えて生活してください。この2つ目がなかなか出来ません。ここにいる大人の皆さんもできません。自分の目標・夢のある人はそれを今日から意識して考えてそのために何をすればいいのか自問自答してください。夢を忘れないこと。これが2つ目。

人間は夢以外にもやりたいことがたくさんあります。そのため夢はついつい後回しにされて忘れがちです。

それを防ぐためにも、毎日意識的に夢を見据えることが重要だと説かれているのだと思われます。

また夢を見据えることは、そのために達成するべき小さな目標を設ける上でも必要です。

第3条 決してあきらめるな

最後3つ目。決してあきらめないこと。これが一番大事です。本田選手もみんなが好きなメッシもクリスティアーノ・ロナウドもいっぱい失敗しています。うまくいかないことがいっぱいあります。

みんなは今うまくいっているところだけを見ているんです。今日いっぱい失敗しましたね。ドリブルでゆっくり行った時にミスはなかった。でも帰りにスピードを上げてみたらミスが出たよね。

ミス出ていいんです。ちょっとずつ減らしていけばいい。でも出来るようになるまで諦めないことが大事。夢を持つこと・それに集中すること。そして何度失敗しても諦めないこと。そうすれば必ずみなさんは素晴らしい大人になれます。

個人的にもこれが一番重要だと感じます。

夢を設定してそのために具体的に何をすればよいか、小さな目標を立てることができたら、後はその目標を達成するまで、あきらめずに努力することです。

ただ目標を達成する過程において、つらいことをたくさん経験するかもしれません。本田さんも現在に至るまで、数えきれないほどの失敗や挫折を味わったと言います。

所属していたガンバ大阪のジュニアユースからユースに昇格できなかったり、初めて移籍した海外のクラブ(VVVフェンロー)が1年目で2部リーグに降格したり。

しかしそれでもあきらめず、自分が設定した目標を達成できるまで努力したからこそ、現在の地位があるのではないかと考えられます。

スポーツ雑誌の「Number」にて、本田さんのコーチを勤めたドワイト・ローデヴェーヘスさん(元名古屋グランパスのコーチ)も、本田さんを以下のように評価されています。

「彼は一つ目標を設定して、そのために自分を追い込む。そしてそれが達成できると、次にはまた新しいゴールを目指して挑戦する。

(中略)

本田はメッシやロナウドほどの才能は持っていないかもしれない。だが『努力する才能』に関しては誰にも引けを取らないものを持っている。これは名古屋時代からまったく変わっていない。それこそが彼を"偉大な選手"にしているんだよ」

引用:『Sports Graphic Number』 783号 27ページより 

努力する才能。つまりは達成するまであきらめない姿勢が、今の本田さんを形作っているのだとおっしゃています。

 

最後に

以上で本田圭祐さんが考える夢を実現する方法について紹介させて頂きました。

ぜひ上記の3カ条を参考に、本田さんのように夢のために熱く生きてみてはいかがでしょうか?