読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寝起きが悪い人は「自己覚醒法」を試してみると改善するかもしれません

f:id:iamjonio:20160406171539j:plain

目覚まし時計をセットしても、その時間に起きられなかったり、仮に起きられたとしても倦怠感を感じて、やる気が出ないなどの経験をされた方はいないでしょうか?

そんな方は「自己覚醒法」を試されると良いかもしれません。簡単に実践できて、すぐに身に付けられると言われています。

今回はその自己覚醒法の説明と方法について紹介させていただきます。

 

1. 「自己覚醒法」とは何か?

自己覚醒法とは「自分が決めた時刻に、目覚ましなどの外的な力を借りずに、自力で自然に目覚める方法のこと」を言うそうです。

具体的には「ある特定の時刻に起きたいと思うだけで、その時刻に起きることができる」そうです。

海外では多くの人が自己覚醒を習慣にしていると言います。

意外かもしれませんが、例えば米国では20歳以上の約半数が、この自己覚醒を習慣にしているという報告があります(Moorcroft WH et al: Sleep 1997; 20:40-45)。

日本でも労働者を対象にした調査では、20代が7%、30代が18%、40代が27%、50代が37%と、年齢が上がるにつれて多くなることが分かっています

引用:すっきり目覚め、作業効率アップ! 「自己覚醒法」を実践する|日経Gooday(グッデイ)

自己覚醒法のメリットとしては、以下のようなことが挙げられています。

  • 起きたい時間に目覚めることができる
  • 外的な力で強制的に起こされるより、起床後の気分が良く、日中の居眠りが少なく、作業効率が高い
  • 睡眠不足の場合でも自己覚醒した方が、日中の眠気が少なく、作業効率が高い

望む時間に起きられるだけでも素晴らしいのですが、かつスムーズに起床できて、日中の作業効率も上がると言います。

理屈としては起きる時間を予め意識することで、体がその時間に合わせて、勝手に覚醒を促すホルモンを分泌する等の調整をして、起床の準備をするそうです。

目覚まし時計などの外的な力で起床した場合は、睡眠が深い時に起こされることがあるため、目覚めが悪く、だるさを感じると考えられています。

寝る前に「●時に起きる」とつぶやいて脳に起床時刻をインプットしておくと、その時刻の3時間前から、コルチゾールという脳内ホルモンが分泌します。

これにより、からだのなかで徐々に目覚めの準備が整っていき、つぶやいた時刻にスッキリ目覚めることができるのです。

引用:劇的に目覚めがよくなる「自己覚醒」実行のステップはコレ!|WooRis(ウーリス)

 

2. どうすれば「自己覚醒法」が身に着くか?

やり方はすごい簡単で「夜寝る時に明日何時に起きるかを強く意識するか、つぶやくだけ」で良いそうです。

自己覚醒法は続けるほどに起床時間の誤差が縮まるそうで、早い人は翌朝から、遅い人でも2週間程度で身につくと言います。

自己覚醒の習慣がない大学生11人に自宅で1週間、訓練をしてもらったことがあります。目標の時刻の前後30分以内に起きられたら、成功とみなしました。すると1日目から自己覚醒ができた人は64%でしたが、7日目には82%に増えていました。

また、目標起床時刻と実際の起床時刻の差も、1日目は16.9分でしたが、7日目には13.1分になり、精度が上がっていました。どうしてもできなかった人がいるのは事実ですが、8割方の人は1週間程度でできるようになるようです

引用:すっきり目覚め、作業効率アップ! 「自己覚醒法」を実践する|日経Gooday(グッデイ)

実際上記の実験では1週間で8割の人ができるようになっているので、割と簡単に身につくものなんだなと思い、私も実践しようかなと考えています。

ちなみに行う際は、万が一を考えてアラームをセットすることが勧められます。また昼寝や仮眠をとる際にも活用できるとのことです。

 

3. 最後に

以上「自己覚醒法」の方法について紹介させていただきました。

お金もかかりませんし、簡単に実践できるので、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?

参考資料